cafe mare nostrum

旅行の記憶と何気ない日常を

ゴッホの小話 〜ゴッホと僕

子供の頃から絵を描くのが好きで、学校では図工の授業が一番好きだった。そしていつの頃からか気がつけば絵を観ることも好きになっていて、美術展があれば出かけたり、旅行先では美術館に足を運ぶ、むしろ美術館に行くために旅行するような感じ。

記憶を辿ればこうなったきっかけがゴッホだった。

 

 1987年に当時の安田火災海上保険がゴッホの「ひまわり」を購入して話題になった頃、僕はまだ今ほど西洋美術史には興味がなく、最初からゴッホの絵に惹かれていたわけではなかった。

そんな頃「ゴッホは天才だ」と誰かが呟いた。「ひまわり」の53億円という落札価格には心動かされなかったけど、この呟きがきっかけで、ゴッホを知りたいと思うようになった。するとゴッホの周辺のそしてそれまで名前だけは知っていた「印象派」「モネ」「ルノアール」と言ったキーワードについても知りたくなり、さらに「ルネサンス」から「ギリシア・ローマ」。。。と連鎖が広がっていった。

 僕は多分、ゴッホにこの世界に招き入れてもらったんだと思う。おかげでとても充実したありがたい時間を過ごせてきた。

 

昔から日本人は他の国の人たちに比べ印象派の愛好家が多いと言われている。

印象派の画家の多くが日本の浮世絵から影響を受けているという事実からすれば納得できる。一見して浮世絵とは似ても似つかぬ作品であっても、構図なのか輪郭線なのか色使いなのか何かしら浮世絵や日本美術の要素が印象派の作品には入っていて、それに日本人のDNAが反応するのだと思う。

僕も例外ではなく印象派はとても好きで、その代表格のモネやルノアールの絵もよく観に行くし同じ時代の画家たちの絵も好き。オルセーにも何度か出かけ、日本に作品が来る時はかなりの頻度で彼らの作品に会いにいったり、彼らの作品を所蔵している日本の美術館には常設展を観にいったりもする。

印象派はその一瞬の光と空気を描く。モネは時間で変わっていく景色を捉え、たくさんの連作を残した。ルノアールは人々の幸せな空気を表現した。僕は浮世絵の影響を受けているDNA的な要素の他に、刻々と変わっていく光や空気を描き出されている作品にとても刺激されるのだ。

さてゴッホは美術史上「ポスト印象主義」に分類され、印象派から影響を受けた次の時代の画家に括られる。

オランダ生まれのゴッホがパリに行き、印象派の画家たち(を中心に)から刺激を受け、そして日本美術にも出会った。でも同じく浮世絵から影響を受けた印象派や同時代の作品とゴッホの作品は大きく違う。

ゴッホの描く絵は、幸せだったはずのアルル前半の作品ですらどこか苦悩がにじんでいて、その独特の画風と相まって僕に迫ってくる。はっきりと精神を病んでしまった後の作品はゴッホの心の苦しさが絵から激しく放射されているようにすら感じるほど。

比較対象としてどうかと思うけど、一瞬の風光明媚を描き残したモネ、幸せの空気を表現したルノアールとはまったく別世界の絵。

 

ゴッホは27歳〜37歳の10年間の画家としての人生の中で、売れた絵はわずか1枚だけ。

オーヴェルでゴッホが命を絶つ5ヶ月前のこと、その2年前の1888年に描いた「赤い葡萄畑」が売れた。アルル時代に知り合ったベルギー人の友人の姉が買ってくれた。

f:id:fukarinka:20190412141216j:plain

赤い葡萄畑 @プーシキン美術館 / モスクワ

 

弟以外、世の中に評価されることはなく、まるで命削るように描いて、絵を描くことに集中するあまり最後は精神を壊してしまう。

そんな中で描かれたゴッホの作品から感じるのは「苦悩」と「迫力」。なので、僕はゴッホに会いにいくときは、いつも緊張する。ゴッホの絵が放つエネルギーをしっかり受け止めなければいけない気がして。

 

 

 関連情報

ポスト印象派 - Wikipedia

印象派 - Wikipedia

プーシキン美術館

 

cmn.hatenablog.com