cafe mare nostrum

旅行の記憶と何気ない日常を

目次

ヴェネツィア 目次

”海よ!ヴェネツィアは汝と結婚せり。永遠にヴェネツィアとともにあらんことを” こう唱えて市長が黄金の指輪を海に投げる。毎年夏のキリスト昇天祭のあとに行われる「センサの祭り(Festa della Sensa)」でのヴェネツィアの「結婚の儀」。 「水の都」「アドリ…

ヴェローナ 目次

ヴェネツィアとミラノのちょうど中間に位置するこの街は、シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」の舞台として、また夏に古代ローマの円形闘技場で行われる野外オペラで知られ、その佇まいから”真珠のよう”と称えられています。 僕はミラノへ行く列車の中…

ミラノ 目次

ここミラノは北イタリア最大の都市であり、イタリア経済の首都。 また、ファッションではパリと世界を二分する「ファッションの都」、さらにオペラの殿堂「スカラ座」のある街、サッカーセリエAの名門ACミランとインテル・ミラノの本拠地。 様々な顔を持つミ…

イタリア 目次

かつて、約1000年にわたって世界の中心だったイタリア半島。世界の中心となり得たのは言うまでもなく、地中海をそっくり包む大帝国を作り上げたローマ人の力です。そしてローマが衰退したその後もイタリア半島は宗教(カトリック)、そして芸術、ファッショ…

シャモニ モンブラン 目次

シャモニ モンブラン(Chamonix Mont-Blanc) ヨーロッパ最高峰”モンブラン”の麓に位置し、モンブランへの観光拠点と登山の基地として世界中から人が集まります。これからしばらく、シャモニとモンブラン山群の出来事を綴ります。 cmn.hatenablog.com cmn.hate…

モン・サン・ミシェル 目次

モン・サン・ミシェル(Le Mont Saint Michel)の姿を初めて見た人は、その昔から、その感動を精一杯の言葉を探して表現しようと試みてきました。 「夢の宮殿の如く驚異的で、信じがたいほど美しい」 「奇観」 「海に浮かび、空を貫くようなそのシルエットは、…

ノルマンディ 目次

印象派の画家たちがこよなく愛した土地ノルマンディ。 10世紀ころにヴァイキング、今で言う北欧の人たちが住み着き生まれたノルマンディ公国が誕生しました。今ではフランスの一地方として、首都ルーアンをはじめ、エトルタ、ル・アーブル、オンフルールとい…

モンマルトル 目次

モンマルトル(Montmartre) パリ北側、こんもりした小高い丘がある。パリで一番高い場所、それはこのモンマルトル(の丘)だとか。 モンマルトルの頂には白亜の寺院サクレクールが建っている。エッフェル塔とちがってどこからでもというわけにはいかないけど…

エッフェル塔 目次

エッフェル塔(Tour Eiffel) 1889年、フランス革命100周年に開催されたパリ万博に建てられたエッフェル塔。当時この「鉄の塔」はパリの美観を損ねるとして文化人、芸術家を中心に猛烈な反対運動が起こりました。パリ万博の後20年で取り壊すことを条件にエッフ…

シャンゼリゼ界隈 目次

シャンゼリゼ(Champs Elysees)、「シャンゼリゼ」は私の人生ではじめて覚えた外国の道の名前。子供のころ、どこのなんだかは知らなかったけど、その響きだけはよく耳に残っていた。 コンコルド広場から凱旋門までの、緑に彩られた心地よい大通りは、17世紀、…

目次 美術館・博物館

日本語では「美術館」と「博物館」と分けて使いますが、欧米ではMuseum、Muse、Museiといった一つの言葉をつかいます。各地の美術館・博物館を紹介したものをまとめます。 cmn.hatenablog.com cmn.hatenablog.com cmn.hatenablog.com cmn.hatenablog.com cmn…

目次 レオナルド・ダ・ヴィンチ

レオナルド・ダ・ヴィンチの記事へのリンクをまとめます cmn.hatenablog.com cmn.hatenablog.com cmn.hatenablog.com cmn.hatenablog.com cmn.hatenablog.com

ルーブル美術館 目次

ルーブル美術館(Musee du Louvre) いろいろ書き進めてきたら内容が増えてきたので、目次のページを作りました。 cmn.hatenablog.com cmn.hatenablog.com cmn.hatenablog.com cmn.hatenablog.com cmn.hatenablog.com cmn.hatenablog.comcmn.hatenablog.comcmn…

パリ ルーブル界隈

「ルーブル」の名前はおそらく美術に興味のない人でも、どこかで聞き覚えのある響きを感じると思います。ルーブル美術館はかつて王宮だった建物を転用、進化させて今では世界最大級の美術館となっているのです。またこの周りには、ルーブルのほかにも世界屈…

パリ 目次

パリの街をはじめて歩いたとき「街全体が美術館だ」と思った。以来、アントワープからの近さもあってパリはヨーロッパでもっとも多く訪ねた街、僕にとってとても身近な街になりました。芸術を育む都として、大好きなイタリアの街まちとはまた違った魅力を放…

目次 シテ島界隈

シテ島(Cite) ここはパリのルーツ。この場所に集落ができたのが紀元前3世紀。ガリア民族の「パリシイ」という部族がこのシテ島に住み着きました。そして紀元前1世紀に古代ローマのユリウス・カエサルがガリア遠征を行なって、ここにローマ軍の駐屯地として…

Tourist information(総合目次)

出発はこちらから行先(国別)の目次集です cmn.hatenablog.com cmn.hatenablog.com cmn.hatenablog.com cmn.hatenablog.comcmn.hatenablog.com cmn.hatenablog.com cmn.hatenablog.com cmn.hatenablog.com cmn.hatenablog.com

フランス 目次

19世紀以降、間違いなく芸術世界の中心であるフランス。 パリやコートダジュールのような洗練された華やかさの中に、プロバンスののどかさの中に、どんな小さな街でもその街並み、建物や道や広場にキラリと光るセンスを感じることができます。 ここは生活…

スペイン 目次

スペインとしたものの、僕が訪れたのはカタルーニャ(Catalunya)地方。 ナポレオンはフランスからスペインに入ったときこう言いました ”ピレネーを越えたらそこはアフリカだった”。 実際イベリア半島というのは乾燥した白い大地が続くので、僕が夜行列車でス…

目次 〜レマン湖畔

スイスの鼻先、フランスとの国境に横たわるレマン湖(Lac Leman)。その水はとても冷たく透明です。レマン湖がフランスとの国境になっているので、湖の北岸にはスイスの街、南側にはフランスの街という位置関係。レマン湖の南側に位置するフランスの街はその南…

目次 ツェルマット

名峰マッターホルンの麓に位置するツェルマットはとても小さな村。この辺りは特に天気が不安定で、運が悪いときは1週間滞在してもマッターホルンの姿を見られないときもあるといいます。僕が行った時も、天気予報的には前日のベルナーオーバーラントの天気…

スイス 目次

chweiz/Suisse/Svizzera/Switzerland/スイス アルプスの雄大な山々、大きなカウベルをつけた牛達、ヨーデルやアルペンホルン…写真や"アルプスの少女ハイジ"のおかげでスイスという国は子供の頃からとてもイメージがはっきりしています。 そんな誰もが惹かれ…

目次 ベルナーオーバーラント

erner Oberland ヨーロッパアルプスには有名なところで3つの名峰探訪のコースがあります。 一つはフランスのシャモニー(Chamonix)からヨーロッパ最高峰のモンブラン(Mon blanc)を望むコース。 もう一つはこの後加えることになるツェルマット(Zermatt)からマ…

目次 子供たちへ

読まれることがあるかはわからねど cmn.hatenablog.com cmn.hatenablog.com cmn.hatenablog.com cmn.hatenablog.com

目次〜 ロマンティック街道

omantische Strasse ドイツの街並は全般的には”近代的”で日本の街と似たところがあります。でも日本と違って、ドイツの街は都市部でも歴史的な建造物が多くが保存されていて、近代的な街の中に必ずと言っていいほど古い建物が大事に保存されています。 特に…

目次 ホーエンシュバンガウ

「私はホーエンシュバンガウの古い城の廃墟に新しい城を建てようと思う… そこは見つけうる限り最も美しい場所です」 これはノイシュバンシュタイン城を建てた19世紀のバイエルン国王ルートヴィヒ2世(1845-1886)が、親交のあった作曲家ワーグナーに宛てた手紙…

ドイツ 目次

EUTSCHLAND ”ドイツ人は時計が好き” 初めて訪ねたドイツ、ミュンヘンの街を歩いた時のドイツという国の第一印象。 初めてのドイツは夜行列車で朝到着。早朝のミュンヘンの街を駅から市庁舎のあるマリエン広場まで散歩した。人気のないマルクト広場まで来て辺…

エジプト 目次

これからしばらくエジプトの話をしたいと思います。 僕がエジプトに行ったのは、もう30年近く前のこと、その間に世の中もエジプトも変わっていくのですが、6000年ものエジプトの歴史の前では30年なんて時間はチリのようなもの。 ピラミッドもスフィンクスも4…

Nostalgic Journey 目次

古き良き懐かしい話 cmn.hatenablog.com cmn.hatenablog.com cmn.hatenablog.com cmn.hatenablog.com cmn.hatenablog.com cmn.hatenablog.com cmn.hatenablog.com cmn.hatenablog.com

空と雲と 目次

空と雲。子供の頃からその姿に魅了され、大人になってカメラを手にするようになってから事あるごとに写真に収めてきました。 6年前にイギリスに「The Cloud Appreciation Society(雲を鑑賞する会)」なるものを発見して、会員になってしまいました。 世界中…