cafe mare nostrum

旅行の記憶と何気ない日常を

目次

ユリウス・カエサル 目次

ガイウス・ユリウス・カエサル(Gaius Iulius Caesar BC100-BC44) カエサルとはなんであったのか?をカエサルを知りたかった僕が、カエサルをこれから知りたい人のために、いやかつての自分に向けて、まとめてみたいと思います。 指導者の資質~イタリアの高…

ちょっとローマ史 目次

もしローマの歴史を深く知りたいと思えば、たくさんの本とインターネットの世界がその欲求を十分かなえてくれるでしょう。現代人が書いた本、ルネサンス期のイタリア人が書いた本、そして古代ローマ人が自分の国について書いた本。いろいろな時代のいろいろ…

ヴァチカン界隈 目次

世界最小の国家ヴァチカン市国。東京ディズニーランドより狭いこの不思議な国の生い立ちはなんなのか。 テヴェレ川が屈曲するこの一帯には、かつてネロ帝の庭園やカリグラ帝の競技場、そしてコンスタンティヌス帝の霊廟がありました。しかし今ではこのあたり…

スペイン広場界隈 目次

スペイン広場は映画「ローマの休日」でオードリーヘプバーンが階段にすわってジェラートを食べるシーンでとても有名になった場所。またこの界隈は高級ブランドのブティックが並ぶハイソな地域でもあります。なぜここが「スペイン広場」なのか。珍しい双子の…

テルミニ駅界隈 目次

現在のローマの鉄道の玄関口、とても近代的なデザインの「テルミニ駅」。その界隈にも古代ローマに繋がる歴史深い建物、遺跡がたくさんあります。 テルミニ駅 サンタ・マリア・マッジョーレ教会 共和国広場 など cmn.hatenablog.com cmn.hatenablog.com

トレヴィの泉界隈 目次

ローマといえば思い浮かぶ観光名所「トレヴィの泉」。僕もローマを訪れると必ず足を運ぶスポットです。単なる観光名所と思われがちですが2000年前から存在している歴史の深い泉のです。そしてローマにあって地味な存在といえるかもしれませんがイタリア大統…

マルチェロ劇場界隈  目次

マルチェロ劇場(Marccello)界隈のこの、フォロ・ロマーノとテヴェレ川の間に挟まれた地域も魅力的な遺跡・名所が並びます。 カンピドリオの丘をテヴェレ川の方へ抜けると、古代の劇場に競技場、神殿とテヴェレ川に浮かぶティヴェリーナ島、遺跡ではないけれ…

パンテオン界隈 目次

パンテオン界隈では三つの重要な広場を中心に回ります。 いかにもローマらしい「全ての神々に捧げられた神殿」パンテオン2000年前の姿そのままに存在します。古代ローマでは戦車競技場だった美しいナボナ広場、ローマの領土を最大にして平和な帝国を築き上げ…

フォロ・ロマーノ界隈 目次

フォロ・ロマーノ(Foro Romano)は古代ローマの時代、千年にわたり地中海世界の中心だった場所です。政治・経済・宗教といったいわばローマ世界のすべての中心。そしてローマが生まれた場所。 この界隈には歴史の教科書に出てくる重要な遺跡群とルネサンスの…

ローマ 目次

「いずこの地もそれぞれ思い出深く、どこがもっとも心に残ったかを決めるのは難しく・・・・ローマです。何といってもローマです。」 映画「ローマの休日」のラストシーン、オードリー・ヘプバーン扮するアン王女は記者団にこう答えました。 「永遠の都」ロ…

オルヴィエト 目次

ローマからトスカーナ地方へ向かうとその途中には、なだらかな丘の連続と小高い丘に築かれた街の姿をいくつも目にすることになります。ローマから北へ100kmあまりの場所にオルヴィエトはあります。 小さくも歴史深く由緒ある街オルヴィエトを訪ねてみます。 …

フィレンツェ 目次

フィレンツェ(Firenze) ルネサンス発祥の地。ある一時期に驚くほど多くの天才たちが集まり、活躍した街。 歩いて回れるほどの小さな街に、ルネサンスの天才たちが残した遺産が散らばります。まるで街そのものが美術館のようなフィレンツェを歩きます。 cmn.h…

シエナ 目次

「誇り高き街」 シエナ(Siena)人は自分達の街をこんな風に呼ぶそうです。 の街並みが広がるのです。 トスカーナの丘の上の古い街を目指して緑の街路樹をくぐり、ひたすら坂を上ると城壁と城門が現れます。それをくぐった時、世界で一番美しいと言われる「カ…

ルッカ 目次

斜塔で有名なピサから電車で30分、ルッカ(Lucca)という街があります。 ここはフィレンツェから流れるアルノ川のほど近く、市壁に囲まれた、中世のたたずまいを残すとてもきれいな街。ガイドブックには「トスカーナの古都、中世にタイムスリップ」と謳われ、…

小話ダークサイド 目次

cafe mare nostrumは地中海世界を中心に、街の文化の魅力や歴史を伝えることをコンセプトに、言ってみれば良いところばかりを紹介してきました。 でも、旅行経験者であれば、旅とは決して、そんな良いことばかりではないし、綺麗なことばかりでもない現実を…

ヴェネツィア 目次

”海よ!ヴェネツィアは汝と結婚せり。永遠にヴェネツィアとともにあらんことを” こう唱えて市長が黄金の指輪を海に投げる。毎年夏のキリスト昇天祭のあとに行われる「センサの祭り(Festa della Sensa)」でのヴェネツィアの「結婚の儀」。 「水の都」「アドリ…

ヴェローナ 目次

ヴェネツィアとミラノのちょうど中間に位置するこの街は、シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」の舞台として、また夏に古代ローマの円形闘技場で行われる野外オペラで知られ、その佇まいから”真珠のよう”と称えられています。 僕はミラノへ行く列車の中…

ミラノ 目次

ここミラノは北イタリア最大の都市であり、イタリア経済の首都。 また、ファッションではパリと世界を二分する「ファッションの都」、さらにオペラの殿堂「スカラ座」のある街、サッカーセリエAの名門ACミランとインテル・ミラノの本拠地。 様々な顔を持つミ…

イタリア 目次

かつて、約1000年にわたって世界の中心だったイタリア半島。世界の中心となり得たのは言うまでもなく、地中海をそっくり包む大帝国を作り上げたローマ人の力です。そしてローマが衰退したその後もイタリア半島は宗教(カトリック)、そして芸術、ファッショ…

シャモニ モンブラン 目次

シャモニ モンブラン(Chamonix Mont-Blanc) ヨーロッパ最高峰”モンブラン”の麓に位置し、モンブランへの観光拠点と登山の基地として世界中から人が集まります。これからしばらく、シャモニとモンブラン山群の出来事を綴ります。 cmn.hatenablog.com cmn.hate…

モン・サン・ミシェル 目次

モン・サン・ミシェル(Le Mont Saint Michel)の姿を初めて見た人は、その昔から、その感動を精一杯の言葉を探して表現しようと試みてきました。 「夢の宮殿の如く驚異的で、信じがたいほど美しい」 「奇観」 「海に浮かび、空を貫くようなそのシルエットは、…

ノルマンディ 目次

印象派の画家たちがこよなく愛した土地ノルマンディ。 10世紀ころにヴァイキング、今で言う北欧の人たちが住み着き生まれたノルマンディ公国が誕生しました。今ではフランスの一地方として、首都ルーアンをはじめ、エトルタ、ル・アーブル、オンフルールとい…

モンマルトル 目次

モンマルトル(Montmartre) パリ北側、こんもりした小高い丘がある。パリで一番高い場所、それはこのモンマルトル(の丘)だとか。 モンマルトルの頂には白亜の寺院サクレクールが建っている。エッフェル塔とちがってどこからでもというわけにはいかないけど…

エッフェル塔 目次

エッフェル塔(Tour Eiffel) 1889年、フランス革命100周年に開催されたパリ万博に建てられたエッフェル塔。当時この「鉄の塔」はパリの美観を損ねるとして文化人、芸術家を中心に猛烈な反対運動が起こりました。パリ万博の後20年で取り壊すことを条件にエッフ…

シャンゼリゼ界隈 目次

シャンゼリゼ(Champs Elysees)、「シャンゼリゼ」は私の人生ではじめて覚えた外国の道の名前。子供のころ、どこのなんだかは知らなかったけど、その響きだけはよく耳に残っていた。 コンコルド広場から凱旋門までの、緑に彩られた心地よい大通りは、17世紀、…

目次 美術館・博物館

日本語では「美術館」と「博物館」と分けて使いますが、欧米ではMuseum、Muse、Museiといった一つの言葉をつかいます。各地の美術館・博物館を紹介したものをまとめます。 cmn.hatenablog.com cmn.hatenablog.com cmn.hatenablog.com cmn.hatenablog.com cmn…

目次 レオナルド・ダ・ヴィンチ

レオナルド・ダ・ヴィンチの記事へのリンクをまとめます cmn.hatenablog.com cmn.hatenablog.com cmn.hatenablog.com cmn.hatenablog.com cmn.hatenablog.com cmn.hatenablog.com cmn.hatenablog.com

ルーブル美術館 目次

ルーブル美術館(Musee du Louvre) いろいろ書き進めてきたら内容が増えてきたので、目次のページを作りました。 cmn.hatenablog.com cmn.hatenablog.com cmn.hatenablog.com cmn.hatenablog.com cmn.hatenablog.com cmn.hatenablog.comcmn.hatenablog.comcmn…

パリ ルーブル界隈

「ルーブル」の名前はおそらく美術に興味のない人でも、どこかで聞き覚えのある響きを感じると思います。ルーブル美術館はかつて王宮だった建物を転用、進化させて今では世界最大級の美術館となっているのです。またこの周りには、ルーブルのほかにも世界屈…

パリ 目次

パリの街をはじめて歩いたとき「街全体が美術館だ」と思った。以来、アントワープからの近さもあってパリはヨーロッパでもっとも多く訪ねた街、僕にとってとても身近な街になりました。芸術を育む都として、大好きなイタリアの街まちとはまた違った魅力を放…