cafe mare nostrum

旅行の記憶と何気ない日常を

世界遺産

フォロ・ロマーノ 風景

フォロ・ロマーノの風景 ローマの景色はそれだけでも絵になりますが、カメラのファインダーから伝わってくる、長い長い歴史の深さは写す風景を一層深いものに仕上げてくれます。そんな気がします。 コロッセオからフォロ・ロマーノを眺める夫婦。 神殿の名残…

ローマ小話 ローマ建国の物語

紀元前753年4月21日、ローマが誕生しました(ということになっています)。 ローマ人のルーツはトロイの木馬の物語で知られるトロイア人(とローマ人が言っています)。あの有名な「トロイの木馬」として現代に伝わる物語がローマの始まり(ということになってい…

パラティノの丘 フォロ・ロマーノ界隈 5

パラティノの丘(Palatinus/Palatino) 古代ローマ7つの丘の中で、神聖なカピトリウムの丘と並んで重要な丘パラティノ。ここはローマ発祥の場所とされます。 フォロ・ロマーノの入り口あたりからはパラティノの丘は奥に緑に覆われた丘として見えます。この丘か…

フォロ・ロマーノ 神殿 フォロ・ロマーノ界隈4

フォロ・ロマーノにはたくさんの神殿や公共建造物があります。神殿やその他公共施設の円柱や基壇が残るほか、地面には円柱の一部や、柱頭、梁など実に様々な構造物が転がっています。ほとんどが原型をとどめておらず、今でもわずかに残る神殿の円柱が、無造…

フォロ・ロマーノ 聖なる道と凱旋門〜フォロ・ロマーノ界隈3

ローマの街でよく耳にする「フォロ」はラテン語で「フォルム(Forum)」と言い「公共広場」を意味します。そしてForumは「フォーラム」として現代日本でもよく使われる言葉です。ということでフォロ・ロマーノとは「ローマ市民の公共広場」を指すのです。 下は…

フォロ・ロマーノ 外縁 〜フォロ・ロマーノ界隈2

フォロ・ロマーノ/ Foro Romano カンピドリオ広場を抜けて、突然開けた視界に飛び込んできた僕がはじめて見たフォロ・ロマーノの姿。ローマ帝国の中心部、世界の首都(Caput Mundi)の姿です。 「レンガの街を受け継ぎ、大理石の街として残す」 初代皇帝アウグ…

カンピドリオの丘 〜フォロ・ロマーノ界隈1

カンピドリオ(カピトリーノ)の丘 (Monte Campidoglio / Capitorino)は僕がローマで最初に訪れた場所です。当時郊外のホテルから無料送迎バスに乗って最初に降りたのがカンピドリオ広場の下。ここから丘の頂上に向かう美しい階段のような坂道、コルドナータ(…

ローマ小話 ローマへ

アリタリア航空でミラノを経由してローマにはいると、フィウミチーノ空港に到着するのは夜の8時頃。そこから入国手続きをしてから電車でローマのテルミニ駅へ向かうともう外は真っ暗です。 空港からローマ市街の中心まで約30分ほどの電車の旅になるのだけど…

ちょっとローマ史 目次

もしローマの歴史を深く知りたいと思えば、たくさんの本とインターネットの世界がその欲求を十分かなえてくれるでしょう。現代人が書いた本、ルネサンス期のイタリア人が書いた本、そして古代ローマ人が自分の国について書いた本。いろいろな時代のいろいろ…

ヴァチカン界隈 目次

世界最小の国家ヴァチカン市国。東京ディズニーランドより狭いこの不思議な国の生い立ちはなんなのか。 テヴェレ川が屈曲するこの一帯には、かつてネロ帝の庭園やカリグラ帝の競技場、そしてコンスタンティヌス帝の霊廟がありました。しかし今ではこのあたり…

スペイン広場界隈 目次

スペイン広場は映画「ローマの休日」でオードリーヘプバーンが階段にすわってジェラートを食べるシーンでとても有名になった場所。またこの界隈は高級ブランドのブティックが並ぶハイソな地域でもあります。なぜここが「スペイン広場」なのか。珍しい双子の…

テルミニ駅界隈 目次

現在のローマの鉄道の玄関口、とても近代的なデザインの「テルミニ駅」。その界隈にも古代ローマに繋がる歴史深い建物、遺跡がたくさんあります。 テルミニ駅 サンタ・マリア・マッジョーレ教会 共和国広場 など cmn.hatenablog.com cmn.hatenablog.com

トレヴィの泉界隈 目次

ローマといえば思い浮かぶ観光名所「トレヴィの泉」。僕もローマを訪れると必ず足を運ぶスポットです。単なる観光名所と思われがちですが2000年前から存在している歴史の深い泉のです。そしてローマにあって地味な存在といえるかもしれませんがイタリア大統…

マルチェロ劇場界隈  目次

マルチェロ劇場(Marccello)界隈のこの、フォロ・ロマーノとテヴェレ川の間に挟まれた地域も魅力的な遺跡・名所が並びます。 カンピドリオの丘をテヴェレ川の方へ抜けると、古代の劇場に競技場、神殿とテヴェレ川に浮かぶティヴェリーナ島、遺跡ではないけれ…

パンテオン界隈 目次

パンテオン界隈では三つの重要な広場を中心に回ります。 いかにもローマらしい「全ての神々に捧げられた神殿」パンテオン2000年前の姿そのままに存在します。古代ローマでは戦車競技場だった美しいナボナ広場、ローマの領土を最大にして平和な帝国を築き上げ…

フォロ・ロマーノ界隈 目次

フォロ・ロマーノ(Foro Romano)は古代ローマの時代、千年にわたり地中海世界の中心だった場所です。政治・経済・宗教といったいわばローマ世界のすべての中心。そしてローマが生まれた場所。 この界隈には歴史の教科書に出てくる重要な遺跡群とルネサンスの…

ローマ 目次

「いずこの地もそれぞれ思い出深く、どこがもっとも心に残ったかを決めるのは難しく・・・・ローマです。何といってもローマです。」 映画「ローマの休日」のラストシーン、オードリー・ヘプバーン扮するアン王女は記者団にこう答えました。 「永遠の都」ロ…

フィレンツェ小話 普通の日

昨夜ゆったりと贅沢に夜を過ごして、この年フィレンツェはこのまま綺麗に終わる予定でした。でも昼前にヴェネツィアへの列車が出発するまでの時間、ひさしぶりに明るいフィレンツェを散策することにしたのです。今回滞在中は早朝と夜以外は別の街で過ごして…

フィレンツェ小話 最後の夜

僕にとってこの年のフィレンツェ最後の夜は、これといって特別な出来事があったわけではなく、淡々と、しかしとても贅沢に過ぎていきました。自由気ままにすごしたあの時間をのんびりつづります。 ☆ 最後の夜の始まり ☆ その日、朝から一日シエナを歩きまわ…

フィレンツェ 風景〜夜

世界の観光地の例に漏れず、フィレンツェの街も夜になるとあちらこちらで見事なライトアップが始まります。 日は落ち、空から光が引いてゆくとき、ヴェッキオ宮殿の時計塔の横に三日月が現れました。 空の漆黒深まると、燻んだ煉瓦色のヴェッキオ宮殿はより…

フィレンツェ小話 ルネサンスの黄昏

長い歴史の中では、ある時期ある場所に「天才」と呼ばれる人々が集中的に現れることがあります。紀元前5世紀のアテネ、15世紀のフィレンツェがそれにあたります。紀元前1世紀のローマもそうかもしれません。 アテネでは「天才政治家」ペリクレスの治世に未…

フィレンツェ 風景〜夕暮れ

陽が傾く夕暮れ時には、フィレンツェの街はとても華やかに色づきます。 色大理石が華やかなサンタ・マリア・デル・フィオーレのファサードは夕日を浴びると、控えめに表現して「宝石のように」輝きます。この建物が1日で一番華やかになるのがこの夕暮れ時。 …

フィレンツェとメディチ家

フィレンツェの歴史はほぼメディチ家の歴史。三百年にわたるメディチ家の栄枯盛衰を、傑出した人物と一緒に簡単に。 メディチ家は古くからの名門一族ではありませんでした。 13世紀に毛織物業が発展して貿易が盛んになったころ、金融業が急激に発展しました…

フィレンツェ 風景〜フィレンツェとは

フィレンツェの街が僕に教えてくれた、フィレンツェの姿です。 「イタリアの古い街とご老人」この組み合わせは最強です。きっとこんな景色は二千年前の古代ローマの街のころから、ルネサンス期もそして今に至るまで同じようにあるのでしょう。 フィレンツェ…

フィレンツェ13 サンマルコ美術館

サン・マルコ美術館 / Muzeo di San Marco サンマルコ美術館はフィレンツェの中心から少しだけ離れた場所、フィレンツェ大学の前に位置します。もともとドメニコ会修道院として建設、2014年まで修道院としても機能していたそうです。いまでは修道院は別の場…

フィレンツェとラファエロ

37歳で他界したラファエロはルネサンスの3大巨匠と言われるレオナルドやミケランジェロと比べて、若くとても短命でした。その短い生涯の中でフィレンツェで過ごした時間もまた短かった。でも、その短い間におそらく一生分の財産を手に入れた、ラファエロに…

フィレンツェ12 ピッティ宮殿とパラティナ絵画館

ピッティ宮殿とピッティ美術館、別名パラティナ絵画館 / Galleria Palatina メディチ家に対抗したピッティ家の大宮殿として1457年に着工。最初の建築家はブルネレスキでした。しかしメディチ家を意識しすぎてピッティ家は破産してしまいます。宮殿完成を待た…

フィレンツェ 風景〜路地

表情豊かなフィレンツェの街角、路地裏を ここがフィレンツェのどこなのか覚えてない。初めて訪れたフィレンツェで活気溢れる路地。この時ここで安い、けどかっこいい皮のベルトを買ったのを覚えています。 朝の一コマ。輝く路面。 こちらも朝。アルノ川沿い…

フィレンツェ 風景〜朝

フィレンツェの風景 僕はこの年、サンタ・マリア・デル・フィオーレの目の前の宿で過ごした。ロケーションは最高、宿のご主人も最高に人懐っこいおじいさんでした。 夜明け前に宿を出て、昼間とは打って変わって、嘘みたいに人のいないフィレンツェの街に繰…

フィレンツェ11 ミケランジェロ広場

ミケランジェロ広場 / Piazzale Michelangelo ヴェッキオ橋をわたり、アルノ川沿いを少し歩いてから小高い丘をひたすら登る。その頂はがらんとした広場となっていて、その中央にはポツンと凛々しくブロンズの像が立っていました。フィレンツェのシンボル、ミ…